アスタリフト化粧水とアテニア化粧水にはどのような違いがあるのか、その成分から比較していきましょう。

アスタリフト化粧水とアテニア化粧水の特徴比較

アスタリフト化粧水

まずアスタリフト化粧水ですが、成分を見てみると独自成分のCLリフレッシャーが配合されていることが大きな特徴です。

CLリフレッシャーとはどのような成分なのかというと、ビタミンAとアスタキサンチンを合わせてナノ化したナノビタミンAxと独自成分コラーゲンペプチドから出来た物質で、ダメージコラーゲンの生成と除去を行う力があります。

ダメージコラーゲンというのは紫外線や加齢などによって傷ついたコラーゲンのことで、これがいつまでも肌に残っていることで新しいコラーゲンの生成が阻害されてしまっているのです。

そのために肌は水分を保持する事ができずに、シワやたるみといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。

CLリフレッシャーの力で、ダメージコラーゲンが取り除けたところで、配合された3種類のコラーゲンが浸透する形になるので、保水力は改善されます。

さらに化粧水の成分が浸透しやすく、かつ高い保湿感をもたらすモイストアップテクスチャーが実現できているので、塗った後の心地よさもかなり高いといえるでしょう。

アテニア化粧水

一方でアテニア化粧水にはどのような特徴があるのかというと、代表的な化粧水であるドレスリフトローションの場合にはクインスシードエキスと発酵コラーゲンの組み合わせで、肌の弾力を高めるというのが大きな特徴です。

クインスシードエキスとはバラ科の植物であるマルメロの種子から抽出される成分で、肌の保水力や収れん作用を持つ美容成分です。

そして発酵コラーンですが、コラーゲンを発酵処理させることで成長ホルモンの働きが活性化する力が強くなり、細胞の新陳代謝が活性化して肌の厚みと弾力を取り戻すことが出来ます。

このクインスシードエキスがもたらす肌のヨコ方面の伸縮性と発酵コラーゲンがもたらすタテ方向の弾力性により立体的に肌を美しくするというのがアテニア化粧水の魅力です。

もちろん他にフレッシュローヤルゼリーやMプラセンタEXなど保水力を高めて細胞を活性化させる成分が多く含まれています。そうして作り上げた美肌を保湿成分のラフィノースや藤茶エキスで守っていきます。

アテニア化粧水には冬用化粧水や高保湿化粧水など薬用化粧水など、いろいろな種類の化粧水があります。

成分ではオーガニックコメヌカエキスやメープルウォーター、ピュアセラミドなどそれぞれの特徴に合わせたものが配合されているので使い分けが可能です。

アスタリフト化粧水とアテニア化粧水はどっちがいいの?

このような特徴を持つふたつのメーカーの化粧水ですが、比較をしてどちらが良いのかということは単純には言えません。問題は使う人の悩みに対して、どちらの化粧水が対応してくれるのかということです。

アスタリフト化粧水のCLリフレッシャーという成分は、加齢や紫外線などによって肌にダメージを負った人が回復するのに大きな助けとなります。

また、保湿・保水力を高めるための成分も多く含まれています。シワやたるみといった肌トラブルで悩んでいるときには、その改善を期待することができます。

アテニア化粧水の方は、肌の力を活性化させていくことで、肌トラブルを解消していくものです。加齢で肌の力が衰えているのではないかと感じているときに使うと、その悩みを解決する事ができます。

またアテニア化粧水に含まれている成分は、科学的に合成された独自成分ではなく天然由来の成分ばかりで、無添加です。ですから、乾燥肌や敏感肌のように化粧による刺激はなるべく避けたいという人には向いている化粧水です。

価格帯としては同じようなものですが、アスタリフトのメーカー直販サイトでは定期購入ができるので普通よりも安く購入することは可能です。”